オールドバイオリンの落札最高価格とランキング【名器ストラディバリウス】

正式な落札価格や取引価格が一般公開されて価格が明確になっているバイオリンの最高落札価格は約16億円となっています。

実はそのバイオリンは、ストラディバリウスではないことを皆さんはご存知でしょうか。

ここでは、バイオリンの落札価格ランキングや、それをしのぐ価格であることが想定されるものや、そんなバイオリンたちの愛称などを一気に紹介してまいりたいと思います。

バイオリン落札価格ランキング TOP5

それでは、オークション形式で落札価格が公開されているものの中で、高額な取引額を記録したバイオリンたちを紹介していきたいと思います。

第5位:タイタニック

製作年 : 不明
愛  称: タイタニック
製作者 : 不明
落札価格: 170万米ドル(約1億6,660万円)以上
落札者 : 非公開

言わずとしてた豪華客船であるタイタニック号が1912年4月に大西洋で沈没したその沈没の瞬間も音楽家として「主よ御許に近づかん」を演奏を続けた音楽家ウォレス・ハートリー氏のバイオリンです。

タイタニック号の沈没にかかわる遺品関連では最高額を記録したそうです。

ウォレス・ハートリー氏の婚約者であるマリア・ロビンソンが彼に送ったことがわかる刻印プレートが添えつけられていたそうです。

第4位:レディ・テナント

製作年 : 1699年
愛  称: レディ・テナント
製作者 : アントニオ・ストラディバリ
落札価格: 2億300万円
落札者 : -

ここからはストラディヴァリの作品が上位を占めており、この1挺は価格が公開されているものの中では、比較的安価なものと言えるでしょう。

前のオーナーはスコットランドに住む裕福なアマチュアバイオリニストであったが、2005年にオークションに出品され、弦所有者が落札し、Liu Yangに貸与された。

第3位:ハンマー

製作年 : 1707年
愛  称: ハンマー
製作者 : アントニオ・ストラディバリ
落札価格: 3億5400万円
落札者 : 匿名

ストラディバリの黄金期の一挺で、履歴ある中での最初の所有者であるスイス人の収集家クリスチャン・ハンマーに由来し名づけられている。

また、バイオリニストの竹沢恭子にも貸与されていたことで知られる名器である

第2位:レディ・ブラント

製作年 : 1721年
愛  称: レディ・ブラント
製作者 : アントニオ・ストラディバリ
落札価格: 1589万4千ドル(約12億7千万円)
落札者 : 匿名

現状に至るまで、ほぼ無傷で保存状態が良いことで知られており、昔、この一挺を保有していた詩人バイロンの孫娘にちなんで名づけられたことは有名である。

あまりに有名なはなしであるが、日本音楽財団が、東日本大震災の被災地支援のため、英国のオークションに出品し、驚愕の値が付き、諸手数料を差し引き、縁覚寄付されたという。

チャリティの観点からも賛同者がふえたこともあり、過去の競売にかけられたストラディバリの中でも類を見ない価格で取引され、ストラディバリの名を一般にも知らしめた一挺である。

第1位:ヴュータン

製作年 : 1741年
愛  称: ヴュータン
製作者 : ジュゼッペ・グァルネリ
落札価格: 約16億円
落札者 : 匿名

だれもが、最高落札額のバイオリンはストラディバリと思っているなか、最高落札価格16億円を記録して、いまだに破られていないのがジュゼッペ・グァルネリこの一挺、ヴュータンです。

ストラディバリと肩を並べて有名な製作者で、コンサートホールなどでの多くの聴衆の前での演奏を目的にした力強いパワーサウンドが特徴的なバイオリンを数多く残している。

また、300年弱の年月を経たバイオリンにもかかわらず、ヒビ割れや修復痕一つない、素晴らしい保存状態であることと、ストラディバリより絶対数が少ないこともあり、この価格を付けたのである。

落札後は、ヴァイオリニストのアン・アキコ・マイヤースに永久貸与となっている。

価格の正式公開なきもの含めた高額バイオリンたち

オークションにかけられるバイオリンも多く存在しますが、バイオリンの多くは直接の取引で価格が公開されていないものがほとんどとなり、推定価格や現状の価値であれば…といった言い方などで語られる品が多いです。

その中には、オークションでの落札ランキングを上回るものも数多く存在します。

著名人であられる、ZOZOTOWNの元代表取締役である前澤友作氏や、バイオリニストの高嶋ちさ子氏の保有するバイオリンもそうしたものになります。

公言価格あり又は著名人保有のストラディヴァリウス

  • 1722年製 ロード(ストラディバリウス) 推定20億円(日本音楽財団保有)
  • 1699年製 ペトリ(ストラディバリウス) 10~15億円(木嶋真優さん所有)
  • 年代不明 ルーシー(ストラディバリウス) 2億円(高嶋ちさ子さん所有)
  • 1717年製 ハンマ(ストラディバリウス) 価格非公開(前澤友作さん所有)

その他のストラディヴァリウス

下記は数百あるなかの一部ですが、ストラディヴァリウスの作品の年式や愛称がわかるものを掲載させていただきます。

バイオリン

製造愛称所有者
1677サンライズスミソニアン博物館
1679ヘリエスミソニアン博物館
1680パガニーニ日本音楽財団
1684ウェブス篠崎 功子
1685 矢部 達也
1698トゥーロー海野 義雄
1699メトロポリタン 
1700ドラゴネッティ日本音楽財団
1701サークル 
1702ロード・ニューランズ日本音楽財団
1703ディクソン・ポインター辻 久子
1704ベッツワシントンの国会図書館
1707カテドラル 
1708ハギンス日本音楽財団
1708ルビーストラディヴァリ・ソサエティ
1709エンゲルマン日本音楽財団
1709キング・マキシミリアン 
1710カンボ・セリーチェ日本音楽財団
1713レディ・レディ浦川 宜也
1714ドルフィン日本音楽財団
1715レカミエ日本音楽財団
1715ヨアヒム日本音楽財団
1715フランチェスコ・ルジェーリ大阪芸術大学
1715エクス・ピエール・ローデNPO法人イエル・エンジェル
1715ティティアン 
1715エンペラー 
1715アラード 
1716ブース日本音楽財団
1716デュランディ千住 真理子
1716メシアアシュモリアン博物館
1717ダヴィンチ中澤 きみ子
1717サセルノ日本音楽財団
1717ナイチンゲール米国カーティス音楽院
1718ファイアーバードサルバトーレ・アッカルド
1720ロチェスター徳永二男
1722ジュピター日本音楽財団
1725ウィルヘルミ日本音楽財団
1727パガニーニ日本音楽財団
1727 サントリー音楽財
1727エルマン/レカミエ 
1727ヴィーナス日本の音楽学校
1735サマズィユ日本音楽財団
1736ルーシー高嶋 ちさ子
1736ムンツ日本音楽財団
1737スワン 

ヴィオラ

製造愛称所有者
1690メディチ
1731パガニーニ日本音楽財団

チェロ

製造製造所有者
1696ロード・アイレスフォード日本音楽財団
1701セルヴェワシントン・スミソニアン博物館
1711デュポアームスティスラフ・ロストロポーヴィッチ
1727フォード岩崎 洸
1730フォイアマン日本音楽財団
1736パガニーニ日本音楽財団

まとめ

他にも多くのストラディバリやガルネリやアマティの作品たちが存在しますが、こうしてみてみると、多くのバイオリン保有者たちは芸術を守り、それらは奏者の手に渡され、長きにわたって弾き継がれているようです。

当然のことながら、保存状態の維持という目的もありますが価値あるものを、素晴らしい演奏というかたちで価値ある形で継承していく素晴らしさに、価格以上の意気とロマンを感じるものです。

私たちも額に差はあれど、そうした何かに投資する選択ができる心意気を身に着けたいものです。

最新情報をチェックしよう!
>タサカ工房長に相談する

タサカ工房長に相談する

タサカ工房長が語るコラムや子育論を読んで、参考になった方や相談をしたいと思った方は、是非、お気兼ねなく何なりとメッセージ頂けますと嬉しいです。子育てや独立、またはヴァイオリンについて等、どんなことでもお気軽に相談ください。